会計士 の転職情報が満載|頂点を目指したいなら

大勢の人

転職に際し重要な書類

職務経歴書

転職の際に企業から職務経歴書の提出を求められる事があります。職務経歴書は応募者が過去に所属していた企業でどのような業務を担当してきたかを記載するものです。規定のフォーマットはありませんが、長すぎると読んでもらえない可能性もあるので簡潔に要点を押さえて記載する事が肝要です。

もっと読む

会計専門職の需要

スーツの男性

業務内容

会計業務のエキスパートといえば、なんといっても公認会計士です。公認会計士になるには、国家試験に合格しなくてはなりません。この試験の難易度はかなり高く、文系国家試験としては司法試験に次ぐ難関と言われています。その主な業務は、会社の会計監査です。会計に関する深い専門知識を武器にして、会社の経営が正しく行われているかどうかを調べます。不正を発見した時は、被監査会社にその是正を勧告すると同時に、世間にもその事実を公表します。被監査会社から手数料を受け取って監査を行っているのにもかかわらず、その会社にとって不利な事実を公表することができるのは、業務の独立性が法律で保証されているためです。つまり、公認会計士は被監査会社のためだけに監査を行うのではなく、その会社の投資者や債権者、ひいては社会全体の利益のために監査を行う責務を負っているのです。非常に高い専門性を持つ職種であるため、有資格者は全般的に高い収入を得ています。

資格を取得するには

公認会計士の資格を持っていると、就職や転職の際にとても強力な武器になります。先程も述べたように、公認会計士は監査や会計の専門家です。会計業務関係の専門職としては税理士などもあげることができますが、監査業務が行えるのは公認会計士だけです。昔は一発合格を目指さなくてはならない試験制度になっていたため、社会人からの転職は困難になっていました。しかし、試験制度が改革され、社会人でも合格を目指しやすくなりました。具体的に言うと、短答式試験の合格は2年間有効です。また、論文式試験には科目合格制が導入され、こちらについても合格後2年間は試験が免除されることになりました。2年という期限付きではありますが、一発で全科目に合格する必要がなくなったため、公認会計士への転職を目指すサラリーマンが増えました。転職前の社会人経験を活かせる場面がたくさんあるため、転職組の公認会計士に対する需要はかなり高くなっています。

仕事を決めるためのコツ

メンズ

就職が決まらない時の改善策として企業が求めている人材像を知る方法が効果的です。求めている人材像は求人に記載されている可能性が高いです。また、就職が決まらない状況では条件にこだわらずに検討することで視野を広げられます。

もっと読む

働きやすい仕事は

複数の人

福岡でライフスタイルに合わせて働きたい場合には、単発から長期契約まで仕事のラインナップが豊富な、派遣会社に登録するのが効率的です。コンサルタントの未公開情報を活用したり、季節に合わせてデパートなどの求人を紹介してもらうのが、仕事探しのテクニックです。

もっと読む